陶氏診療院

アクセスカウンター


▼生活の知恵バックナンバー
過去ブログはこちらから
第五波を超えた時の対策
カテゴリー 生活の知恵
日本の新型コロナウイルスの感染症第六波の感染者数は、ついに第五波を超えました。1月19日、全国で新たに確認された新型コロナウイルスの感染者は、4万1485人で、初めて4万人を超え、過去最多を更新しました。

新型コロナウイルスも二年かけて、進化し続けました。ついに、致死率が高い下気道感染症から、上気道感染症(普通のインフルエンザ)にたどりついて、感染しやすく、致死率が低い、ウイルスと人類が共存できる形になりました。

変化したウイルスに、対応策もついていくべきです。感染症の予防と治療の法則は変わらないけど、致死率は普通のインフルエンザ並みになると、恐怖感はいらなくなるでしょう。

毎年、インフルエンザが流行して、かかりやすい方がいます。もちろん、罹らない方が多いから、皆さんがそんなに恐怖感や怖さが持っていないでしょう。自信をもって、自分の免疫力を高め、ウイルスが来ても、発症しないように、日常生活を意識することが大事です。
助言として、第一は早寝してほしいです。十分な睡眠は免疫力の第一歩です。

第二は毎日お風呂をしましょう。シャワーが身体の体温を上げる効果がお風呂よりないから、しっかり毎日の疲れをお風呂で流しましょう。

第三はしっかり朝食を摂り、晩御飯は少なめか抜いてください。酸化した加工多い食材を避けて、旬の物を、根菜類を意識的に摂りましょう。禁煙禁酒、健康食事を心がけて、上手に摂取しましょう。

第四は太陽を浴びましょう。昼の活動や新鮮な空気を吸うことも、身体が喜ぶでしょう。北国の空気、太陽と雪の恵みは、沢山のマイナスイオンが空気中にあり、よく換気して、甘い空気を吸いましょう。

第五は朝の生姜湯を飲みましょう。上気道を守り、ウイルスに隙間を残さないでください。

第六は、万が一に、感染したら、副作用がない「ワクチン」を受けたと思って、漢方を対応して、休んで乗り越えましょう。
2022-01-20