陶氏診療院

アクセスカウンター


過去ブログはこちらから
5
家族全員一緒に健康になる(子宮頸がん・便秘・慢性頭痛など)
去年、帯広から友人の紹介で、30代の女性が施療に来ました。子宮頸がんを疑い、陶氏療法の体質改善が始まりました。去年三回、今年も二回で、四月の再検査で正常になりました。

本人は去年、同居する両親を連れて、施療と体質改善が始まりました。両親も素直に陶氏療法の健康法をすべてパーフェクトに実践しました。半年ぶりに、両親の健康変化に驚きました。

まず、父、62歳、頸椎ヘルニア術後・腸憩室破裂術後・気胸・呼吸浅いなどの症状で、12月初回目の施療で、呼吸が楽になりました。翌日の二回目施療後、呼吸がさらに楽になり、本人から、今まで良くなる希望が見えなかったけど、施療を通じて、人生が蘇りました。半年後、6月28日施療に来た時、その体質改善の激変に驚きました。本人は顔洗う時に、肌が良くなったことに気づきました。過午不食や早寝早起きをして、しっかり発芽発酵玄米食を主食に切り替え、家族と一緒に、健康生活を送りました。なんと、体重計に乗ると、内臓脂肪は13の過剰から8の正常に戻り、体脂肪も22.5%から15.4%に下がり、別人になりました。症状らしい症状がなくなりました。

お母さん、59歳、妊娠中毒症の後遺症・慢性頭痛・頻尿・便秘・下肢浮腫・腎機能低下などの症状で、12月初回目の施療で、排尿が順調で、下肢も軽くなりました。6月28日施療に来た時、ご主人と同じに、体質が激変しました。今までは二か月一回の頭痛で、寝込みました。去年施療後、頭痛がなくなり、寝込むことも一度もなかったです。頻尿も改善して、下肢浮腫もなくなり、毎日朝食前快便でした。内臓脂肪は4から2に下がり、体脂肪も28.4%から19.1%になり、筋肉も33.5㎏から34.2㎏増え、今年の健康診断の腎機能を楽しみにしています。

家族一緒に健康の話題になり、毎日楽しく生活することは、娘の健康意識の高さと両親の素直な協力のお陰です。一人娘だからこそ、団結して健康に戻り、幸せになることが大事でしょう。
2022-06-29