陶氏診療院

アクセスカウンター
<- 1 / 8 ->
9
予防医学の最先端
2020年11月号の財界さっぽろに、陶氏診療院の紹介広告が掲載されました。(P147)

テーマは予防医学の最先端です。「難病・奇病・痛み 中国の伝統療法から生み出した陶氏療法」無料健康相談実施中。

中国医学は2000年前からの医学理論と身体の仕組みの解釈、最近の西洋医学の研究と物理学の発展、特に量子力学の視点から、どんどん証明され、2000年以上も進んでいる医学は驚きの連続です。

身体の構成は、物質から追及すると、量子までになります。世界のすべての物質の始まりは量子の世界です。量子は小さすぎて、普段のニュートンの物理法則には、通用しないです。小さな量子の世界は、なんと観察者の観察、ちなみに意識に反応して、世界が変わります。

量子は波と粒子の特徴があり、粒子はまだ少し質量があり、数えます。しかし、波では、質量がないから、波の干渉、重なると、粒子になり、波が「無」と言うと、粒子は「有」になります。物理学では、物の無から有まで、研究が出来て、そこの物質の問題解決にも、ヒントをいただきます。

西洋医学では、できた病気、ちなみに「有」から、解決をします。中国医学では、「有」の前段階、「無」の時、波の時に、対応をします。それは「波動」の世界です。今でいうと、予防医学です。「病は気から」の通り、病ができる前の「気」の治療が、中国医学は得意です。予防ができたら、健康も簡単に守れます。
一度、中国五千年の伝統療法を体験しませんか?
2020-10-17