陶氏診療院

アクセスカウンター
9
新年号の挨拶
財界さっぽろ2017年新年号P342に、陶氏診療院の「予防医学の最先端」紹介を掲載しました。道民雑誌クォリティ2017年新年号の賀正特集P155に陶氏診療院の顔写真入りの名刺紹介も掲載しました。

新年から、愛読者への挨拶になり、今年から予防医学を考える年になってほしいです。

実は新年に二人の訃報を受けました。1月5日、倫理法人会の仲間さんが52歳で病死しました。1月7日、大学の同級生が心筋梗塞で車運転練習中に亡くなりました。54歳でした。中年は人生の最高時期に、家族とさようならはとても残念なことです。寂しくてしょうがないです。

西洋医学の発展は病気の治療に限界が来ました。西洋医学を頼りきる人々に目を覚ましてほしいです。どんな治療でも、限界があります。救急医療が一時助かっても、後遺症のことを考えると、大変なことでしょう。

治療より予防は予防医学の基本です。普段の生活のチェックはとても大事です。陶氏診療院に通う患者は、普段の日常生活の落とし穴を改善すると、健康が戻ることは目で確認できます。新年開始、ぜひもう一度自分の日常の行動を確認して、予防医学の知識が転ばぬ先の杖として、自分の未来を守りましょう。
2017-01-08